ダイエット体質改善温熱コース

玄米菜食と温熱ケアを併せたコースです。

体質改善・ダイエット温熱

3日間コース 21,800円(税込み)
温熱ケア90分×3日間
(-2kg〜-3kg減量目標)

3日間連続で温熱ケアをしながら自律神経、内臓機能を整え、デトックスを促し、その間は玄米ごはんのみで過ごして頂きます。

(3日間連続で来れない場合は、2日連続で来ていただいて、1日空けて次の日に来ていただくことも可能です。)
5日間コース 33,800円(税込み)
温熱ケア90分×5日間
(-3kg〜-5kg減量目標)

5日間連続で温熱ケアをしながら自律神経、内臓機能を整え、デトックスを促し、その間は玄米ごはんのみで過ごして頂きます。

(5日間連続で来られない場合は、何日かに分けて来ていただくことも可能ですが、2日以上空けないようにお願い致します。)
メンテナンス 1回 50分 4,800円(税込み)
3日間または5日間が終了した後、週に1〜2度のペースで来店していただき、温熱&食事指導をしていきます。
目安としては週1度を2〜3ヶ月続けていただくと理想体重により早く近づけます。
(ただしこちらのコースは3日間または5日間のダイエット体質改善コースをやられた方のみになります。)

七号食とは?

3日間、もしくは5日間が終わったら
出来れば引き続き玄米食をあと1週間続けてみましょう。お買い物ページからも購入できます。

七号食とは、十日間、玄米ごはんとごま塩だけで過ごすという食事法で、究極の身体リセット法です。おかずは一切なしです。もちろんお酒も駄目で、飲物は水とノンカフェインのお茶のみです。そんなことできるかと信じられないと思いますが、この十日間で劇的な変化が訪れるのです。
たったこれだけで普通体型の人で3〜4キロ、太り気味の人だと5〜8キロくらい減量します。
しかもいろいろな不調が改善され、肌も綺麗になり見た目も若返り健康になります。
そして食や健康についての考え方にも大きな影響を与え、その後のライフスタイルが変化します。 断食ではないので、玄米ごはんであればいくらでも食べてOKです。よって、空腹の辛さはありません。
七号食
玄米ごはんとごま塩のみでおかずはなし
六号食
玄米ごはんに味噌汁が付き、漬物もOK
五号食
六号食に季節野菜のおかずが一品
☆四号食(日常的理想食)
五号食に野菜のおかずが二品、魚が入ってもOK
三号食
五号食におかずが三品付きます
二号食
五号食におかずが四品つきます
→この積み重ねで徐々に不定愁訴〜慢性病〜現代病になっていきます
一号食
好きなものを好きなだけ食べます
→食と健康に関して全く無頓着な人で、ガン、脳卒中、心臓病になる可能性が極めて高まります。

3日間、もしくは5日間の注意事項

好転反応について
温熱ケアと七号食をした場合、好転反応がみられる場合があります。具体的には頭痛、発熱、吐き気、眠気、だるさ等がある場合があります。症状がひどい場合は一旦中止し医師の指示に従ってください。
大抵の場合、3日目あたりが一番ツラく、5日目くらいからスッキリとしてきます。
ダイエット中控えてほしいもの
過度な運動はお控えください。
ヨガ、ストレッチ程度は大丈夫です。
アルコール、カフェイン、タバコもお控えください。
天ぷらや揚げ物、添加物の加工品なども胃腸に負担をかけるのでダイエット中はお控えください。

七号食についてQ&A


~身体の変調について~

Q. 便秘になるんですが。
A. やる気満々になり交感神経が高ぶる為、便秘になる人がいます。
  特に気にする必要はありません。 
  新しい挑戦に交感神経が刺激されているのです。
  対処法としては、起きぬけに水を一杯飲むこと、食後のお茶は食事後30分後にして下さい。
また、ぬるい目のお湯につかりリラックスして下さい。

Q. 下痢になるんですが。
A. 玄米をよく噛みましょう。

Q. 腰・肩・膝などが痛くなってきたのですが
A. これは強く血行が回復しているからです。
  もともと血行不良や血行障害のあったところほど痛みがでます。
  対処法としては、爪楊枝治療の効果が高いです。
  痛む箇所を指で押して、その凹んだところを爪楊枝でツンツンしてください。

Q. 頭が痛くなってきたのですが、続けていいのでしょうか?
A. たいていの場合、低血糖症を起こしているようです。
  特にチョコレートが好きな人に多いようです。
  症状としては頭痛、吐き気を催します。
  その場合は玄米甘酒を飲んで下さい。20~30分で治まってきます
  玄米甘酒を飲んでも一向に頭痛がおさまらないときは7号食を中止してください。
  また、7号食をすることにより体温が一時的に低下することがあり、そのことにより頭痛を起こすこともあります。

Q. 皮膚がかゆくなったのですが。
A. 期間中は排毒し、血行がよくなるので、痒みが出る場合があります。
  冷たいタオルで患部を冷やすと良いでしょう。

Q. 極端に眠くなる・身体がだるい。
A. これは副交感神経優勢になっているからです。7号食は血行を回復させるのです。
副交感神経優勢は血管を拡張させるのですが、全身の血管が拡張するので血圧をすぐに上げられない人は、上記のような現象を起こしやすいです。
  頑張ってきた人に多いようです。


Q. 授乳中ですが、7号食を始めたいと思っているのですが?
A. 7号食は排毒の期間なのです。
  身体のあらゆる場所から排泄し、母乳も排泄ルートです。
 断乳されてから始められたらよいでしょう。

powered by crayon(クレヨン)